【書籍】居合道審査員の目 (2009/12)

[tmkm-amazon]4884582357[/tmkm-amazon]

目次などは 以下織り込みます。下記リンク「続きを読む」をクリックしてください ※上記タイトルまたは画像をクリックすると、Amazonのページに移動します。

商品説明 (体育とスポーツ社Webページより引用):

居合道審査員は審査でどこを見て何を求めているか。15人の八段審査員が明かした審査上の着眼点と重要項目。よくわかる昇段への道。

目次 (amazonより引用)

上野貞紀―抜きつけ、切りつけが居合の生命 全身全霊を込めて演武しているか 岸本千尋―抜きつけまでの気攻めが重要 敵の動きが浮かび上がる間を取ること 松峯達男―右手小指と薬指の遣い方が大切 しっかりと柄を握って抜いているか 武田清房―仮想敵を意識して抜くこと 生命を吹き込んで演武しているか 山崎正博―型から生きた形の修得が大切 体の中心軸をぶらさないように抜くこと 小林忠雄―足腰を使ったスムーズな動きを体得せよ 敵の動静に即座に対応して抜いているか 安永毅―腰・足・手を一体にして抜くこと 演武全体が一連の流れになっているか 山崎誉―仮想敵への意識は所作動作に表われる 作法をおろそかにしてはいけない 河口俊彦―技前は演武であり演舞ではない 天井を掃くように切り下ろしているか 迫野康雄―独自の呼吸、間合、残心を身につけよ 強靱な個性が光れば、目にとまる〔ほか〕

—- 剣道時代 購入ページ リンク

http://www.taiiku-sports.co.jp/shopping/shosai.php?pid=1261020703-162774&p=1