交剣知愛@WEB

道衣の選び方

剣道着といえば学生時代は先輩のおさがりで過ごすことが多く,稽古着にはさほど困らないと思います。小学生,中学生だと顧問の先生や親が適当に見繕って注 文してくれることが多いのではないでしょうか。つまり実際にポイントを押さえて買い物ができている人は少ないのではないでしょうか。

しかし,剣道に関わる以上は道衣といえども体を守る防具の一部なので買うときの最低限のポイントは押さえておくべきです。また購入後の手入れもきちんとしておき気持ちよく稽古にのぞみたいものです。

—選ぶ際のポイント—

●きつくないものを
・胸回り,腰回りのきつくないものでゆったりめのもの。
・洗濯をすると縮むのでお店の人にどのくらい縮むかを聞いて購入すること。

●袖丈
・袖丈は腕を曲げたときに少しだけ袖が引っかかる程度がよい。
・短いと竹刀で誤って打たれたときに痛い,長すぎると小手に引っかかり動作のじゃまなる。
・洗濯をすると1,2センチ程度縮むので少し長めを選ぶとよい。

●首の後が開いてしまう人
・女子に多く見られるが,首の後が開いてしまう人は紐の位置を付けかえるか,帯をしめるのがよい。

—女子の道衣選び—

・女子の場合は胸があるので胸紐の位置にも注意したい。下すぎるようなことがあれば上に付け替えてもらうとよい。
・胸が大きい人,胸がこすれて痛い場合は,スポーツブラをするとよい。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top