交剣知愛@WEB

下段の構え(=守りの構え)

■はじめに

下段の構えは竹刀の先を相手のへそからしたにつける構えで,「守りの構え」と呼ばれる。

■長所と短所

長所
(1)下段に構えると相手は突かれる恐怖を感じる
(2)竹刀の先が邪魔になって打突しにくい

短所
防御の構えとしては効果があるが,攻撃するには竹刀を振り上げるのに時間がかかりすぎる。

■構え方

中段の構えから相手を注視し、右足をわずかに前に出す
体を安定させ剣先を相手の膝頭の高さまで下げる
自分の身を守りなから相手の変化に応じて,いつでも攻撃できるように構える

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top