交剣知愛@WEB

八相の構え

八相の構えは「陰の構え」とも呼ばれ,その性質は直ちに攻撃する構えではなくて相手を監視し,相手の出方によって攻撃に変わる構えである。堂々と構えて相手を威圧することが大切。

■構え方

中段の構えから上段に振りかぶる心持ちで左足を前に出す
左拳はみぞおちの高さにとる
鍔を口元の高さになるように右脇に構える

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top