交剣知愛@WEB

メディカル

Category
鼓膜がやぶれる
936

鼓膜がやぶれる

練習中に耳部を面布団の上から強打され,鼓膜にひびが入る外傷。わずかな出血があり,聴力が極度に弱まります。脱脂綿で耳栓をし安静にしていれば自然に治るが,症状が続いたり化膿した場合は,専門医の治療を受けた方がよいでしょう。 なお、面を着けたときに左右の布団を少し開き、耳と面布団の間に隙間を作る、耳抜きをするようにしましょう...
脳震盪(のうしんとう)または頭を打った
931

脳震盪(のうしんとう)または頭を打った

後頭部の強打によって一時的な意識不明があるが,脳に直接の損傷はなく,短時間で治るのがほとんどです。しかし,脈が少なくなったり,吐き気,頭痛,めまいなどが激しいときは,急いで専門医の来診を受けるようにしましょう。
肉離れ
1108

肉離れ

これは痛いですよ、結構。アキレス腱切れたかな?と勘違いしてしまいそうな衝撃があります。きれいに治さないと筋肉に跡がのこり再発の恐れがありますから根気よく治しましょう。 原因 肉ばなれとは、「筋繊維」や筋肉を包む「筋膜」、筋肉を構成する「筋繊維束」が部分的に切れたり、過度に伸びた状態。筋肉の柔軟性が悪いために筋肉が強く ...
右かかとの故障
830

右かかとの故障

正しい踏み込みをおこなえばかかとを痛めることはないのですが,やはり,スピードに頼りがちな中高生・大学生は稽古中「かかとサポーター」を右足にはめている人が多い気がします。 原因 簡単に言ってしまうと「上に跳ぶ」からです。 上に跳ぶということは,その人の構えは「跳ぶ」ために左足を突っ張り(つま先立ち),重心が偏っているとい...
ねんざ
757

ねんざ

ふとバランスを崩したときに捻挫をしてしまうことがあります。そうなってしまった場合は、軽くみないでしっかり治しましょう。 捻挫とは 本来、関節には一定の運動範囲がありますが、スポーツなどで運動範囲以上の動きが強要された結果 、関節を構成する「関節包」や「靭帯」、「滑膜」がねじれ、部分的に切れてしまう状態を「捻挫」といいま...
突き指
781

突き指

竹刀の握り方によっては、親指などを突き指してしまいます。 指の腱断裂が多いが,骨折のこともある。 痛み,腫れ,機能障害が生じます。腱断裂のときは,その指を伸ばしたままにしてテーピングで固定し,安静にしておけば治ることが多いが,骨折の場合は専門医の治療を受ける必要があります。
打撲
718

打撲

これは主に竹刀で打突される事によって,皮膚が骨膜までの軟部組織を損傷するもので,外出血のない外傷です。痛みがある場合は骨折を疑い、直ちに病院へ。頭の打撲に関しては注意が必要です。 応急処置 ・特に骨折や皮膚に傷などがない場合は、患部に湿布薬を張ります。 ・湿布薬がない場合は、氷のう、またはぬらしたガーゼやタオルを頻繁に...
筋肉痛
800

筋肉痛

剣道に限らず、久々に運動をしたりするとおきますよね。なってしまったものはしょうがないとあきらめ、ストレッチングや入浴、患部をもみほぐすマッサージをしてみましょう。 ○原因 筋肉痛のおもな原因は「筋肉疲労」や「肉ばなれ」「こむら返り」です。私たちが通常、筋肉痛と呼ぶのは、筋肉疲労によるものです。 筋肉疲労は、普段使わない...
たこ・まめ
801

たこ・まめ

極度の圧力や摩擦が加わるとその部分の皮膚が角化したり増殖したりします。剣道では手のひらや足の裏にできることが多いが,あまり大きいものではなく,また破れていなければ,消毒液を塗るくらいでよいです。 大きい水疱場になったものは,化膿しないように処置することが大切。十分に消毒した針で水を抜き消毒をしたのち絆創膏をつけておきま...
けがを予防するには?
725

けがを予防するには?

運動前後のストレッチングを習慣にすることが大切です。剣道は稽古後に挨拶をしに行ったりしてこの点を怠ることがありますが、けがを予防するためには大事なことなので実施するような環境作りもしていきましょう。 ストレッチングの効果 ・柔軟性を高めて関節の動く範囲を広げる。 ・血行を促進させ、血流速度を大きくする。 ・靭帯や筋肉の...
RICE処置(応急処置)
713

RICE処置(応急処置)

周りの人,自分がケガしたときに適切な応急処置ができる人はどれくらいいるでしょうか。その場で正しい応急処置ができなければ,回復や治療に大きな差が出 てきます。ここでは意識を失っているとか,呼吸をしていないなどの場合を除いて外傷のほとんどに有効な応急処置方をあげておきます。応急処置は「RICE 処置」を主にやることになりま...
剣道で発生しやすい傷害のランキング
838

剣道で発生しやすい傷害のランキング

1.足指の骨折 2.足関節のねんざ(転倒したときに足首をひねる) 3.アキレス腱の断裂(鋭く踏み込むときに,床を蹴る左足のアキレス腱を痛める) 4.手指の骨折(特に右親指の骨折が多い) 5.足部の骨折
Return Top